con anima

電磁波シールド(遮蔽)のがま口を製作販売しています。ホメオパシーユーザー様をはじめ、多くの皆様の日常にお役に立ちます様に♡

con anima
電磁波カットのがま口を製作販売しています。
ホリスティックなライフスタイルにキラメキとトキメキを♡

長い人生の間には

こんにちは

con animaです。

 

長い間生きてると

こいつ絶対許さん❗️て思う奴の

一人や二人や、三人…ぐらいはいますよね?(-_-;)

 

わたくし、実は2年前までは

愛とは赦すことだと信じておりました。

 

はぁーー?

ナンダコイツ‼️と思ったとしても

まぁ、まぁ、まぁ…みたいな

 

でも、2年前に

わたくし赦すことを止めました!

赦すことをやめたというか、

思いっきり、ふざけんな💢と怒り

ゼッテェー許さん💢と怒り

お前一生許さんからな!と思うことを

自分に許可したのです。

 

 

私達って、人を悪く言っちゃダメとか

皆んなと仲良くしなきゃダメとか

人を恨んだり憎んだりするのは良くないとかいう観念を持っていて

どこかで、そういう自分を嫌だな😥とか

惨めだな😔とか否定的に感じてるわけです。

だから早くそういう自分から脱出したいと!

 

でもね、そういう観念と闘っている間は

ずっと苦しいし、長引きます。


憎んで良い
怒って良い
許さんで良い
思う存分やって良い

そう言われるとね
なんだか、不思議と
まっ、いっか…あんな奴らって思えてくる(笑)

あ、憎いからって相手に危害を加えるのは違いますよ。(当たり前)

これは自分の中で起きてることですから

相手をどーこーしても終わらないです。

 

思い切り憎み切ったら

 

もっと尊重して欲しかった

大切に扱われたかった

認められたかった

 

そんな思いが沈んでいるのに気づくかもしれません。

 

さて、その自分をどうやってなだめてあげましょうか…?

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

大型犬と暮らした17年

こんばんは。

電磁波カットのレメディーポーチcon anima です。

FC2のショッピングカートは15日で契約が終わります。

お気に召したものがありましたら、ポチっとお願い致します。

 

 

我が家には2000年の9月からフラット・コーテッド・レトリバーという犬種の犬がおりました。

最初の子は生後3ヶ月の時に迎えて、11歳8ヶ月まで共に暮らしました。

二代目はその子が亡くなって5ヶ月後に、放棄されて行き場のない子をネットで見つけて里親になりました。

推定8歳というシニア犬でしたが、とても8歳には見えないくらい若々しくて可愛い子でした。

名前はレオ!

保護した時の名前はマックス君でした。

 

そのレオくんが、4月26日に逝ってしまいました。

ちょっとご飯を食べてくるねと言って側を離れて、15分くらいで戻って上半身を抱き上げたら

それから数分で逝ってしまいました。

私がご飯を食べて戻ってくるのを待っててくれたんです。

ゴメンね…

私だけご飯を食べて😢

 

最期の2週間は寝たきりでご飯も食べられず

スポーツドリンクだけで頑張りました。

 

頑張らなくていいんだよ…と言っても

まだ彼は生きている

頑張って生きようとしているのだから、私も出来ることは全部してあげようと思いました。

 

でも亡くなる2日前からは、もう水も飲めなくなって

スポイトで少しづつ入れてあげても口から溢れるようになりました。

 

そして亡くなる日の朝

私は彼に、

『もう諦めよう

レオの身体はもう壊れちゃったんだよ

もう頑張っても動かなくなっちゃった

だからもうこの体は置いて行こう

おかーさんも、まだまだレオと一緒に居たいけど、この身体じゃ一緒にはいられないんだ

今度は違う乗り物に乗っておいで

でも、また同じ黒い毛皮を着て来ちゃダメだよ

もっと小さな乗り物に乗って来てね

そうじゃないと家の子に迎えてあげられないからね

そうだなー…

何が良いかなー…

鳥さんかな…

きっとまた会おうね

一緒に遊ぼうね

きっとだよ…』

 

レオの身体を撫でながらレオを諭しました。

 

なんかね、レオは分かったよって

サインを送ってくれたように感じました。

 

楽しかった

嬉しかった

レオと暮らした約4年10ヶ月は幸せでした。

大型犬は力も強いし大変なこともありますが、

本当に優しくて存在感が半端ないです。

レオがいなければ私はこの5年間を生きられなかったかもしれないほどに、辛いことが沢山ありました。

 

レオ

出会ってくれてありがとう。

家の子になってくれて本当にありがとう。

 

f:id:conanima-jp:20170510185638j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

FC2カートについてのお知らせ

con anima 園田です。

電磁波カットのレメディポーチをFC2カートにて販売しておりましたが、

5月15日で契約期限が切れます。

現在、在庫数かかなり少なくなっているにも関わらず

制作に時間がかかり、なかなか商品を追加できないこともありまして、

契約更新はしないことに致しました。

 

今後はこのブログ上で商品を紹介してゆきます。

 

時々チェックしてみてください。

今後ともcon animaをよろしくお願いいたします。

 

私の目の前のこの人は

こんにちは。

con animという、電磁波シールド材を使用したがま口ポーチのハンドメイドショップをやってます。

ここにたどり着いて来て下さった方は、

ホメオパシー』『電磁波』『レメディーポーチ』などを検索用語に来て下さったのではないでしょうか?

私自身はホメオパシーを10年以上生活に取り入れおります。

自分で使う時は対処療法として使う場合が殆どですが、これはちょっと根深そうだな…と感じる時は、ホメオパスに相談して処方してもらったりしています。

時折、対処療法的に使用してヒットしたレメディーを記事にしたりしています。

どなたかのお役に立てれば幸いです。

 

私が人と関わる時は常に、

その方に関わっている全ての人を想います。

まず一番に想うのはご家族。

ご両親、旦那様やお子さんのこと。

 

今の自分が愛と感謝に溢れていようと、逆に心が乾いて家族を疎ましく感じていようと

一番身近な家族の存在なくして、今の自分は存在していないと思います。

とても重要な役割を、自分の人生を掛けて演じてくれるのが家族だからです。

 

今、わたしの目の前にいるこの人は

そんな家族の沢山の愛が込められて出来ているのだなー…と思った時、

目の前の人の振る舞いがどれだけ厚顔無恥で愚かであっても、この人を簡単に否定することも裁くことも私には出来ないな…と思うわけです。

 

寧ろ目の前のこの人よりも、そんな愛溢れる

ご家族の存在に敬意を払い

今わたしの目の前で悪態をついたり、言い訳並べて嘘ついて、なんとか誤魔化している人を許して受け容れようと思うのです。

 

しかし、そんな事にも気付かずに

相変わらず自己中心的な考えに終始し、宇宙からのメッセージも自分の都合のよい解釈に終わってしまっては、結局自分の家族がまた辛い役割をしなくてはならなくなります。

いつ目を覚ますのか?

 

今この瞬間に自分という人間が存在する為に

どれだけの愛が込められているのか

絶えず見えない物を形にして見せて与えてくれる

そんな家族の存在を無視してどこに幸せを求めるというのか?

 

大切なことはいつも目の前に在ります。

遠くに幸せを求めて彷徨っている限り

愛も感謝も感じられないでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人生は答え合わせ

 四月も10日を過ぎ

それぞれがそれぞれの新しいステージで、スタートを切ったところだと思います。

 

今年は寒くて桜の開花は遅かったですね。

私は桜が大好きで、心待ちにしていたのですが、

我が家の愛犬が自力で立てなくなったり、ご飯を食べなくなったりで、とてもお花見の気分ではなく…

心の晴れない日々を過ごしております。

 いくら死に対する概念を書き換えてみたところで、お別れを覚悟しなければならないことは寂しく哀しいことに変わりはありません。

 

 

いつ生まれていつ死ぬのか

そもそも何故生まれてきたのか

私はそんなことをしょっちゅう考えている子供でした。

 

小学生の時に母に聞いてみたことがありますが、その答えは私の心には全く響かなかったことをよく覚えています。

たぶん、「違うな…それは」と、私の魂はその母の回答をヒントにすらしませんでした。

 

もともと、答えは自分が持って生まれて来ているので、人に聞くのは間違いで、

それは母にとっての生きる意味であり答えだった訳です。

私の人生とは違います。

 

でも、世の中の親は自分の答えが正解であるかの如く、子供にもそれを伝え洗脳していく…

無意識かとはおもいますが、そんな親が多いと思います。

 

 

よく、答えは自分の中にある!と言いますよね。

私は、そもそも人生とは答え合わせなのでは?と思っています。

 

答えは知っている、解っている、初めから持ってる。

でも忘れている。

 

けど、その答えというものは、それはそれは尊いもので、どうしても思い出したい!という魂の叫びが、あらゆる手段をもって答えへと導いてくれる。

そこに起きてくる事が現実というものではないのか?

そして、肉体を持ったこの世界で体感しながら答えを見つけだした魂は、

より深くその尊さを刻み込んでゆく…

 

だから、元々答えをもっていない物に対しては、疑問すら湧いて来ないのではなかろうか?

と、そんな気がしています。

 

そして、ほぼ全問

答え合わせを終えたら、人生も終わるのかな?…

なんて^ ^

 

答えがわからない=自分を知らない

答えを出したくない=自分と向き合いたくない

 

そう考えるとよくわかりますよね?

 

でも、思い出してほしい!見つけ出して欲しいという魂の叫びはずっと自分の中に響き続けるはずです。

 

それを無視し続けていると

これならどう?みたいな、トンデモナイ現実が突如現れたりしますよね。

でも、それは自分が自分に(自分で自分に)起こした現象で、どんなことも基は愛でしかないです。

 

そう、初めから私達は自分が大事で自分のことが好きで好きでしょうがないのです。(笑)

それすら忘れてるから、自分を愛しましょう❣️とか

ご自愛とか声高らかに言ってる(笑)

見ていてとても可笑しいです☺️

 

どんなに子供が可愛いいと思っても、どんなに彼を素敵だと想っても、その想いは自分の中に在って、外側には在りません。

つまり何を言いたいかというと、その人を見て可愛い💕素敵😍と思う自分を愛しているのだという事です。

それを可愛い💕素敵😍と心トキメク対象を好きだと勘違いしているの(笑)

 

この人と居ると心地好い😊

だから一緒に居たい…のですよね?

それを好き💕と言うのです💓

 

やはり人は自分しか愛せないのだと思うのです。

 

でも、愛されていないゲームをまだ続けたい人もまだ、彼方此方に見かけます。

 そんなチグハグな時代です。

 

 

ショップ オープンしています♫

conanima.jp

広告を非表示にする

ホメオパシー *ムーンストーンのレメディー

こんにちは!

電磁波遮蔽(シールド)がま口ポーチ

con animaです。

con animaのネーミングは、

イタリア語で、心・魂を込めるという意味の

音楽用語から名付けました。

沢山の方に覚えて頂きたいな〜〜と思います❣️

 

ホメオパシーユーザーとしては、かれこれ10年以上になりますので、ポーチの紹介だけでなく

体験談もじゃんじゃん載せて行くつもりです。

皆様のお役に立てれば幸いです。

 

 

私が使ったレメディーで、体感的にハッキリ変化を感じた物の中の一つにムーンストーンがあります。

 

一言で現すと

脳の浮腫が取れた‼︎

そんな感じでした。

 

脳内がスッキリしたことで、浮腫んでたんだなーと気付いたと言った方が良いかな…。

 

何故ムーンストーンをとってみようと思ったかと言うと、母親との関係においてトラウマがある人に…という記事を何処かで読んだからです。

 

私は母親とは小学校6年、12歳までしか一緒にくらしていません。

一緒に暮らしていないのに、その後何十年も確執がありました。

 

自分の元から離れて行った私に、母親は罪悪感という呪いを私に埋め込みました。

母親は元々被害者意識の強い人で、

よく、人を馬鹿にしてーー!と怒り狂っておりました。

誰も馬鹿になんかしていないと思うのですが、

母親の目には世の中の人が皆、自分を虐めたり陥れたりする敵に見えたのでしょう…

 

子供はどんな親でも無条件で受け容れています。

でもやがて親から刷り込まれた観念に苦しむことになるパターンがとても多いと思います。

ももれなくその一人です。

ここ数年前にやっと呪いから解き放たれて自由になった所です。

 

ムーンストーンは、母親との関係を良くしてくれることも、呪縛から解き放つことにも

直接は作用しなかったけれど、

考え過ぎか何なのか、いつもどんな時もどんよりと重たい雲が頭に乗ってる様な、そんな頭の中が急にスッキリ、ハッキリしたのをよく覚えています。

 

ムーンストーン

ここ暫くは摂っていなくて切らしてるけど、

春先は頭がボーッとするので久々に買って飲んでみようと思います!

 

 

 

 

 

ショップを再開しています!

こんにちは!

電磁波シールドがま口ポーチ con animaです、

長らくお休みを頂いておりましたが、本日よりショップを再開しております。

 

ホメオパシーユーザー様にとって、

レメディーを長く使う為にも、電磁波から守るポーチは必需品だと考えています!

 

ホメオパシー?なにそれ?怪しくない?😒

と言う反応をされることが多いのも現実で、

先日お会いした方も、何となくカバンからおもむろにコッソリ取り出して、

口に放り込む感じ…😓とお話しされてました。

 

その方はイギリスでホメオパシーに出会って、

帰国してからも当たり前にホメオパシーを取り入れてらっしゃったのだそうですが、

ある時、日本ではまだまだ偏見が強いと感じられたそうです😢

 

私は誰に何を思われても構いません!

でもどうせ使うなら、お洒落で可愛いポーチにレメディーを入れて

楽しく使いたい❣️

お化粧品もお薬もレメディーも自分の一部になるものだから

大切に扱ってあげたい!

そんな強い想いから、ポーチ作りが始まりました。

 

電磁波遮蔽の生地はお値段も張ります!

パターン作りから全て私が一人で行っていますので、完成までにお時間もかかります。

決してお安い物ではないのですが、

自分の納得の出来る物しか販売しないと決めて

con animaの名前に相応しく在る様に

一つひとつ心を込めてお作りしています。

 

ショップはこちらです。

 conanima.jp